プロペシアとは何か

近年TVCMによる啓蒙活動による効果もあり、男性型脱毛症(AGA)の認知度は年々高まってきています。
男性型脱毛症とは男性ホルモンのテストステロンが発症に関わっている脱毛症のことをいいます。
男性ホルモンが発症に関与するため男性にのみ起こります。
テストステロンの産生量は思春期以降に急激に多くなるため、それ以降の成人に起こることが多いです。
男性型脱毛症の治療は主に皮膚科で行われます。この治療は主に薬物治療が行われます。そこで使用される代表的な薬がプロペシアです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドという物質です。
プロペシアにはジェネリック医薬品も発売されており、より安い値段で同一有効成分の医薬品を入手することができるようになりました。
プロペシアはあ5αリダクターゼ阻害薬です。5αリダクターゼは人の体内に存在する酵素でテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する反応を触媒します。
実はテストステロン自体は毛根組織に大きな影響を与えることができませんが、ジヒドロテストステロンに変換されることによって毛根組織に強く影響を与えることができるようになり、男性型脱毛症を発症させることができるようになるのです。
つまりプロペシアの服用によってジヒドロテストステロンができなくなり、結果として男性型脱毛症は進行しなくなるのです。
このプロペシアは服用を始めてすぐに効果が現れるわけではありません。
なぜならヘアサイクルの成長期は半年から数年と言われており、長い期間をかけて毛は成長していくのですぐに効果を発揮することができないのです。
プロペシアの治療効果の判定は最低でも半年以上服用を継続してから行うこととされています。

プロペシアがAGAに悩む人々から愛される理由

その理由は今のところAGAの原因を排除するにはこの医薬品しかないからです。
AGA男性型脱毛症は男性ホルモンが反応して起きる症状になります。
男性ホルモンは男性らしさを表現する男性に欠かせないホルモンになりますが、時に厄介なことも引き起こすこともあります。
そのひとつが脱毛です。体毛を濃くしますが、頭髪だけは薄くなる症状に見舞われることがあります。
テストステロンがある酵素と結ぶ付くことで、ジヒドロテストステロンというAGAの原因となる男性ホルモンが産生されます。
この産生を抑える医薬品こそがプロペシアです。薄毛の原因となる男性ホルモンの産生を抑えることから、男性から愛される医薬品になります。
またこの医薬品は扱いやすいです。1日1回の服用であり、手軽に始めることができる育毛剤として知られるようになりました。
AGA治療をするのであれば、まずこの医薬品がファーストチョイスされます。この医薬品は男性にしか服用できません。
女性と幼ない子供には服用品用に気を付けてください。
女性は禁忌されることも禁止されている医薬品ですので、女性が触れることがないように気を付けてください。
またプロペシアは薄毛で悩む男性から愛される医薬品ですが、医療費が高くなる治療薬として知られています。
AGA治療のような命や健康に害を与えない症状の場合、保険診療を受けることができません。
よってAGA治療でプロペシアの処方を受ける場合は、すべて自己負担になりますので、高い出費を覚悟しておかなければなりません。
継続して服用しなければ、改善した部分もまた悪化するだけではなく、他の部分も抜け落ちる原因になることがありますので、費用対策が求められます。

AGAじゃない人がプロペシアを使っていては無意味

プロペシアは日本でもAGA治療に有効と認められ、厚生労働省でも認可された飲み薬です。
専門のクリニックだけでなく、皮膚科などの一般の病院でも処方されるため、入手は難しい治療薬ではありません。
そのせいか、AGAでなくても病院に行って薄毛と認められれば処方してもらうことができますが、実際に使用しても効果がないこともあります。
プロペシアは5α還元酵素阻害薬に分類され、毛根に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを阻害します。
AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することで生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因となるため、プロペシアによって酵素を阻害することで原因物質となるDHTの生成を抑えます。
この効果によってAGAの進行を遅らせたり、抑える作用がありますが、男性ホルモンが原因とならない薄毛の症状には何の効果もありません。
むしろプロペシアによる副作用のリスクがあるので、服用中で薄毛の改善が見られないという人は、専門のクリニックに行って検査を受けることをおすすめします。
専門のクリニックでは遺伝子検査によってAGAの発症リスクや効果的な治療法を見つけることができ、その結果によってプロペシアの処方をするか、育毛サプリや育毛剤を使用するかを選択します。
ひとくちにAGAとは言っても、効果がある人も様々なので、実際に有効となる治療法を見つけることが重要となります。
プロペシアには無精子症や性欲減退、肝機能障害などの重篤な副作用のリスクもあるので、検査を受けて効果があると認められた人だけが利用するべき飲み薬です。
AGAでなければ育毛剤や生活習慣の改善で簡単に治ることもあるので、まずは検査を受けることから始めると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る