早めの治療にプロペシア

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症する男性特有の薄毛や抜け毛の症状などがあります。とくに、額の生え際部分や頭頂部の髪の毛が抜けはじめ、徐々に薄くなっていくという特徴がありますが、ほとんどの場合、先天的な要因、つまり「遺伝性」のものであると言われています。AGA(男性型脱毛症)が厄介である理由として、進行性の症状であることがいえます。今は薄毛でなくとも、親族に薄毛や禿の人がいたり、もともと髪の毛が薄くボリュームがないなどの場合には、少しでも早めにAGA治療薬「プロペシア」による専門的な治療が必要となります。AGA(男性型脱毛症)の場合は、放っておくことでどんどん薄毛が進行していき、自然に治癒することはありません。少しでも早めに治療を行わなければ、次第に髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。「プロペシア」は、AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することで、DHTの生成を抑制します。そのため、成長期が長くなっていき、細くなっていた髪の毛にコシが出てきたり、休止期だった毛穴からの毛髪も成長し始め、AGAの症状が改善が期待できるのです。「プロペシア」による治療は、1日1回1錠を半年から1年程度、毎日継続して服用し続けることで、徐々に発毛を実感することができるようになります。髪の毛が抜けることは、メンタルにもかなりの影響があり、抜け毛によるストレスがさらに症状を悪化させる場合があります。抜け毛や薄毛などが気になる場合には、自己判断による治療ではなく、少しでも早く専門の医師に相談をしたうえで、AGA治療専門治療薬「プロペシア」による治療を行うようにしましょう。

プロペシアはいつまで飲み続ける?

プロペシアとは、AGAの治療を施す医療用医薬品で、抜け毛をストップさせて薄毛をくい止めることが目的で使用されます。プロペシアは、フィナステリドを主成分とした内服薬で、男性ホルモンの働きを抑える効果があります。AGAの原因の一つには、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが関係していると考えられていて、フィナステリドはこのジヒドロテストステロンの産生を抑えることで、抜け毛を抑制します。元々フィナステリドは、前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として、広く知られていました。その後研究でAGAの毛髪の成長に効果が現れることがわかり、AGA治療薬として承認されています。プロペシアは、抜け毛を防止するとともに、毛髪を強く丈夫に育てるのに有効な薬で、本来は発毛に作用する薬ではありません。ただ服用者の多くに、ある程度の発毛が認められています。プロペシアの効果的な服用方法は、毎日決まった時間に服用することです。即効性のある薬ではないので、長期間継続して飲む必要があります。そのため毎日きちんと飲み続けることが大事です。ただ飲めば飲むほど効果があるわけではないので、決められた用量を必ず守ることが大切です。またAGAが気になる場合には、飲み続ける必要があります。それはプロペシアは、男性ホルモンが薄毛の因子に変換されるのを防ぐ薬ですから、服用をやめてしまうことで、再び薄毛因子が活発化してしまいます。服用を中止すると一気に禿げるわけではありませんが、新しい髪の毛の成長が鈍くなるので、髪の毛を保ちたい場合には、飲み続ける方がよいでしょう。ただ必ずしも一生飲み続けなくてはいけない薬ではないので、自分の意思でやめるタイミングをみつけるとよいでしょう。

プロペシアを通販で買うには

プロペシアはAGA治療薬として日本でも厚生労働省に認可されて、一般の病院でも購入できるようになっています。しかし、病院に行く暇がない人や、AGA治療を受けることが恥ずかしいという人は多く、カウンセリングなどは必要ないからネット通販で済ませる人もいるようです。プロペシアは医師の処方薬となっているため、国内で購入するには必ず病院で診察を受け、処方箋を出してもらう必要があります。日本において薬事法に従って販売されるため、ネットでの購入はオークションなどを含めて販売は禁止されています。しかし、適用されるのは日本国内においてのみで、海外から購入する分に関しては、個人輸入という方法であれば厚生労働省からも認められているため可能となっています。通常は税関などの問題がありますが、個人輸入代行サイトを利用すれば税関だけでなく配送までの手続きを行ってくれるので、通常のネット通販と同じように購入するだけで自宅にプロペシアが届くようになっています。薬事法としては前述の通り、厚生労働省の認めるところとなっているため、個人が使用する範囲内であれば1ヶ月分の購入までは合法となるので心配は要りません。個人輸入代行サイトでは診察代や処方箋代、交通費なども必要なくなり、実質的に薬代のみで購入することで費用が安くなることから、家計を圧迫せず済むため多くの人が利用しています。ただし、その人気から悪質なサイトも存在し、有効成分を別の物にした偽薬なども販売しているため注意しなくてはいけません。健康被害を受けないためには、信頼できるサイトを見つけ出して購入することが重要になってきます。医薬品は値崩れを起こすようなことは滅多にないため、相場よりも安く売っているサイトには十分に注意しましょう。

ページの先頭へ戻る